高耐久のシーリング材について | 外壁塗装.COM
HOME > 教えて掲示板 > 高耐久のシーリング材について

外壁塗装登録数

1526 件掲載中
2017/09/25 11:42現在

北海道・東北

北陸

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄



更新情報

奈良県高取町の外壁塗装

塗装DREAMさんを掲載しました。

神奈川県三浦市の外壁塗装

有限会社 岩野塗装店さんを掲載しました。

大阪府大阪市の外壁塗装

株式会社のぞみリフォームさんを掲載しました。

和歌山県和歌山市の外壁塗装

ペイントコーティング萬さんを掲載しました。

東京都八王子市の外壁塗装

東京都八王子市の外壁塗装、二代目あみもと塗装さんの登録写真 二代目あみもと塗装さんを掲載しました。
更新情報

外壁塗装 モバイル
外壁塗装
モバイル版


質問

高耐久のシーリング材について
困り度: ★★★☆☆
教えてNo.75 質問者:paddle
都道府県名:愛知県
30代後半 ・女性
投稿日時:
2016-03-03 10:00:17

築10年目の窯業系サイディングの外壁とスレートの屋根塗装を検討しているものです。
数社から見積もりを取りましたが、、その中の一業者さんから「ジョイントエンペラー」というシーリング材が高耐久だと勧められました。

自分でその商品名をネットで調べたところ、オート化学工業の「オートンイクシード15+」の名前を変えただけの商品という情報がありました。
「オートンイクシード15+」は公式HPによると確かに高耐久の商品のようなので、同じ商品だとすると「ジョイントエンペラー」も信用してよいのかと迷っています。

どちらの商品にしても、そこまで高耐久の商品ならば次の打ち替えの際、(劣化が進んでいない場所など)完全に撤去することはできるのでしょうか?
高耐久がゆえに残ってしまい、次のシーリングの打ち替えがうまくできない等、影響を及ぼすことは無いのでしょうか?

外壁の塗装をフッ素にして、外壁とシーリングのメンテナンスサイクルを(15年以上に)合わせるつもりでいますが、壁面の方角によっては劣化の程度に差が出ると思いましたので、心配になりご質問させていただきました。
よろしくお願いします。


回答



この質問は締め切られました。
ご回答いただいた専門家の皆さま、
ありがとうございました。


回答No:1
投稿日時:2016-03-03 10:29:23
回答者: 株式会社Good-Home(愛知県) 
自信度: ★★★★☆

初めまして。愛知県の塗装会社の株式会社Good-Homeと申します。
質問内容拝見致しました。
そのシーリング材は確かに高耐久で良いものですが、シーリングとは外壁の動きに追従できるか、相性がいいのかも判断の基準ともなります。
宜しければ弊社にもお見積もりを出させて下さい。
金額、施工、知識等全て自社があります。
宜しくお願い致します。

参考になった:1件

回答No:2
投稿日時:2016-03-03 11:31:40
回答者: カブラギ塗装(静岡県) 
自信度: ★★★★☆

初めまして静岡県の塗り替えリフォーム専門店のカブラギ塗装の蕪木と申します。
質問の回答ですが、どんなシーリング材を使っても、劣化がしていても、シーリングの撤去はできますので安心してください。シーリング材には変成シリコンとウレタンと種類がありますが、どちらにも長所と短所がありますので、どうして今回はジョイントエンペラーを使うのか?業者さんに聞いてみるのもいいかもしれません。またシーリング工事は使うシーリング材も重要ですが、3面接着させない。シーリングを接着させる部分のプライマー塗布。シーリングの厚みの確保など、施工の仕方も重要になってきますので、ご心配なら詳しく聞いてみることをお勧めします。また何かありましたら気軽に相談してください。

参考になった:1件

回答No:3
投稿日時:2016-03-03 12:20:32
回答者: 株式会社矢口(茨城県) 
自信度: ★★★☆☆

私の考え方が固いのかもしれませんが
ジョイントエンペラーなる製品は初めて知りました。
調べてみましたが、この製品のホームページも見当たらないし
メーカー名も良く分からないまま。
ということは、だれに製品の理屈や不安を聞けばいいのか
顔が見えない会社で販売されている製品となります。

実体が良く分からない製品の耐久性を
自社工場も技術研究所もあるオート化学と
同じまな板に乗せるのは、いささか拙速かと思います。

耐久性ついての自社比較は
どこかが証明したのならばいざ知らず
誰にでもできます
ということで、プロが選ぶならば
ジョイントエンペラーを選ぶことは現時点では「無い」ですね。

参考になった:2件

回答No:4
投稿日時:2016-03-03 12:32:09
回答者: 株式会社 名北外装     (愛知県) 
自信度: ★★★★★

ご質問内容の件ですが、確かに「ジョイントエンペラー」というシーリング材はオート化学工業の「オートンイクシード15+」の名前を変えただけの商品で、リフォーム会社などが営業の決め手とする為の商品です。公式HPのデータ比較では高耐久の次世代シーリング材ですが、まだ実績が少なくそれ程流通しておりません。
当社の見解ですが、新しいシーリング材というのは現場で使用して実際に10年以上の経過を見てみないと、本当の意味で信用できないものです。お客様の立場から考えると、割高のお金を使うだけでリスクが残ります。従来の実績がある製品をお勧めします。

また次の打ち替えや打ち増しの際に影響を及ぼす可能性もあります。

外壁の塗装をフッ素にして、メンテナンスサイクルを15年以上が希望との事ですが、シーリングに関して現時点では難しいと思われます。どうしてもシーリング部分は建物の立地条件、日当たりなどの影響に左右されてしまいます。
化粧シーリングでは紫外線の影響が高く、シーリング目地の汚れにも繋がります。
ですから出来る限りシーリング表面に塗装して、シーリング部分を保護する事が大事です。

参考になった:2件

回答No:5
投稿日時:2016-03-03 14:05:42
回答者: ペイントリノベーション株式会社(千葉県) 
自信度: ★★★★☆

ジョイントエンペラーはイクシード15+のOEMで間違いないです。
ジョイントエンペラーは製造メーカーの名も記載されておらず耐久調査の説明ページもイクシード15+と同じです。
業者がその事を知らず説明書以上の性能を言ってしまっているか、他の業者と差別化を図りたいがためにあえて使用している可能性が高いです。
イクシード15+はシーリング剤の中でもトップクラスの耐久性ですのでどうせでしたらイクシード15+に変更して頂くか、なぜジョイントエンペラーなのか?を聞いてみた方が良いですね。
(基本、ジョイントエンペラーをお勧めする業者は少し勉強不足か信用性に欠ける気も致しますが)
外壁をふっ素樹脂で塗りつぶすようでしたらオートンイクシード15+使用で太陽が常に当たるような東面と西面だけ通常よりもう1工程ふっ素樹脂を塗ってもらうようにした方が安心ですね。
※シーリング剤は通常のシーリングもオートンイクシード15+も打ち替え作業は基本一緒です。メーカーによっては施工の際柔らかくて打ちにくい、等々はございますがキッチリ施工すれば問題は無いでしょう。
※ふっ素樹脂塗料については下地の状態と下地補修、下塗り、中塗り・上塗りの施工要領としっかり守り施工すれば大丈夫だと思います。

参考になった:2件



当サイトへの無料登録はこちらからどうぞ


世界WEB標準の証明

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。