エスケープレミアムシリコンの下地 | 外壁塗装.COM
HOME > 教えて掲示板 > エスケープレミアムシリコンの下地

外壁塗装登録数

1497 件掲載中
2017/02/28 03:02現在

北海道・東北

北陸

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄



更新情報

岡山県岡山市の外壁塗装

岡山県岡山市の外壁塗装、株式会社岩津工務店さんの登録写真 株式会社岩津工務店さんを掲載しました。

福岡県福岡市の外壁塗装

福岡県福岡市の外壁塗装、福岡屋根外壁塗装 福岡本店 有限会社ビービーグローバルさんの登録写真 福岡屋根外壁塗装 福岡本店 有限会社ビービーグローバルさんを掲載しました。

奈良県奈良市の外壁塗装

奈良県奈良市の外壁塗装、奈良ペイントリーフさんの登録写真 奈良ペイントリーフさんを掲載しました。

神奈川県座間市の外壁塗装

正建リフォームさんを掲載しました。

山形県山形市の外壁塗装

山形県山形市の外壁塗装、株式会社IKEDA 池田塗研さんの登録写真 株式会社IKEDA 池田塗研さんを掲載しました。
更新情報

外壁塗装 モバイル
外壁塗装
モバイル版


質問

エスケープレミアムシリコンの下地
困り度: ★★★★★
教えてNo.83 質問者:のの
都道府県名:千葉県
30代後半 ・女性
投稿日時:
2017-01-26 17:33:37

お世話になっております。
外壁の塗り替えで、下地について聞きたく思います。
過去の質問でも、日本ペイントのパーフェクトトップではALCにはパーフェクトフィラーが
サーフより最適との回答有りました。

そこで、エスケー化研様の プレミアムシリコンの場合はいかがでしょうか。
業者の見積もりではソフトサーフと書いてありますが、
カタログをみると、弾性プレミアムフィラーもございました。

ALC材(ヘーベル)の場合にはどちらがよいのでしょうか。
ご意見いただければと思います。
よろしくお願い申し上げます。


回答



この質問は締め切られました。
ご回答いただいた専門家の皆さま、
ありがとうございました。


回答No:1
投稿日時:2017-01-26 18:10:56
回答者: 株式会社トラストワーク(千葉県) 
自信度: ★★★☆☆

基本ALCはシーリングの柔軟性と塗膜で保護するものです、漏水箇所等がなければ
弾性のフィーラーの方が良いと思われます
私どもではよくローラー塗りであれば弾性シーラー、レナエクセレント鎖骨2回塗(ゆず肌仕上げ)弾性セラミシリコン2回塗計5工程で行います
あくまでもALCのシーリング部分を長い間劣化せない方法がベストだと思います
漏水していてはダメですよ

参考になった:0件

質問者コメント

回答をいただきありがとうございます。
やはりフィラーなのですね。業者2社でお見積りを出してもらったのですが何が違うのか分からず、困っていました。(業者にいっても堅いのでこれ!)としか言われず
ますます迷宮入りしてました。
シーリングの件、聞いていませんでした。早速確認してみます。
どうもありがとうございました。

回答No:2
投稿日時:2017-01-26 19:46:45
回答者: 有限会社岡部塗装店(群馬県) 
自信度: ★★★★★

どちらが良いと言うよりも、使い方が少し異なります。ALC張りの建物の塗り変えにはどちらも使えます。
ソフトサーフ(SG)よりも弾性プレミアムフィラーのほうが製品としては新しいですが、より薄塗りが出来るものなので、使い方(人)によっては素地面の保護力が小さくなると言う点もあります。
もっとも、使い方で性能の良し悪しが出るのが塗装ですから、当たり前かもしれません。

日本ペイントのパーフェクトフィラーはALCやモルタルの素地である塗り替えむけ、パーフェクトサーフはサイディング(の塗り替え)向けなのですが、SKの場合はそのような分け方はしていません。

個人的な意見ですが、SKよりも日本ペイントで、塗料よりも施工会社にこだわるほうが良いかと思います。仕事にこだわる人は前者は使わないかと・・・。

参考になった:0件

質問者コメント

回答いただきどうもありがとうございました。
最後の一文、
「SKよりも日本ペイントで、塗料よりも施工会社にこだわるほうが良いかと思います」が、業者選定の上で、物凄く助かりました!

SKも競合で日本ペイントと肩を並べるとおっしゃられており、値段もほぼ変わらなかったので、これはいいと鵜呑みにするとこでした・・。
ありがとうございました。我が家が群馬にあればぜひお願いしたいぐらいです。




当サイトへの無料登録はこちらからどうぞ


世界WEB標準の証明

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。